お手数をおかけしますが、ブックマークの変更をお願いします。

新しいブログのURLは、下記です。

http://ken.rash.jp/


まだ、見た目のカスタマイズは済んでいませんが、今までの投稿やコメント等はすべて移植済みです。
よろしくお願いします。

5秒後に自動で、新しいアドレスに転送します。

昨夜、アップルよりiOS4.2.1の配布が始まりました。日本では、午前3時。

ダウンロードが集中しているのか、iPhoneとiPadそれぞれのOSをダウンロードするのに合わせて10時間ほどかかりました。

今回、iPadの方が劇的に機能アップが図られました。マルチスレッド、フォルダ管理等、iPhoneでは既に使えていた機能がやっとiPadで使えるようになりました。

これから、色々試してみたいと思います。

今回の事業仕分けで、フューチャースクール推進事業が仕分けの対象に。


そこで、怒り心頭に登場したのが、同じ民主党内の前総務相でした。総務相時代に自分が関わって、起ち上げた事業がたて続きに仕分け対象になったので、お怒りなのも分かる。

「変な刀で(事業を)切り刻んで、一生懸命やっている人たちの心を折ってはだめだ」とおっしゃってましたが、事業をダムに置き換えてみると「ダムを一生懸命作っている人たちの心を折ってはだめだ。」ということになり、一生懸命にさえやっていれば、何でも事業を継続できるような印象さえ受ける。う〜ん・・・

今朝のみのもんたさんの朝ズバに原口さん本人が出演していましたが、疑問に思う点が何点もありました。

既に、電子黒板等、ICT(Information and Communication Technology)機器を導入しているシンガポールや香港では、子供たちの学力が高いと主張されていました。シンガポールと香港両国に関わる僕としては納得できない。もちろんICT機器の導入は、進んでいるがそれ自体が学力を押し上げていると思えない。実際、シンガポール、香港、韓国に比べて、日本の子供たちの学習時間は、かなり短い。韓国では学習時間長さの割に成果が低いと効率の議論が出ているが、日本はそれ以前の問題。ゆとり教育で削減された学習時間そして、家庭での学習習慣を取り戻さなければ、いくらICT機器を導入したとしても状況は変わらない。

今回、ICT機器と言われているのは、先生が使うインタラクティブ・ホワイトボードと児童一人ひとりが使うタブレットPCのことです。元総務相は、これを導入することによって、今まで1対40の授業が、1対1の授業を行うことができる、とおっしゃておりました。

???

どんなに優秀なパソコンを導入しても、同時に1対1の教育が成り立つとは考えにくい。同時に同じ問題を送信して、答えも同時に送って答え合わせをするようなことを、1対1の教育と考えているのだろうか?

ただでさえ、最近の子供はコミュニケーション能力が低下していると言われているのに、PCを取り入れることにより、より個々が孤立していくのはではないでしょうか。


「紙の教科書を単純にタブレットパソコンに置き換え、今まで通り教員から生徒への一方向な授業を行うという使い方は想定されていない。生徒がタブレット端末に書き込んだ意見や答えを先生がインタラクティブ・ホワイト・ボードに集約/表示して、その内容についてさらに考えさせるなど、双方向性を生かしながら児童がお互いに学び合い、教え合う教育を実践できる授業モデルが望まれている。」


と言われているが、


生徒が手を挙げ発表したことを先生が黒板にまとめ、その内容についてさらに考えさせることと同じことだし、発表することによって、自己表現も学べるだろうし、ディベートの要素だって含まれる。


今回導入される予定だったタブレットPCは、Windowsです。PCの世界では、毎年どんどん新製品が投入されている世界です。児童に一台PCを与えると言うことは、5年毎に入れ替えなければ陳腐化してしまうだろうし、教育ソフトもPCの発達合わせて開発やアップグレードを続けなければなりません。


こう考えると今回は、IT企業からの強いプレッシャーが政治に働いているとしか思えません。


まぁ、批判ばっかりしているのもなんなので、一つ提案を書いて締めくくりたいと思います。


昔は、分からないことや見たことのない動物や太古の恐竜を学ぶときは、百科事典を調べたものです。写真でしたが、非常に勉強になった思います。今は、インターネット上に何でも情報があります。授業に関連するものを先生が事前に調べておいて、授業で参考になるサイトや、もしくはYoutube等で動画を見せることもできると思います。これで十分ではないでしょうか?そうするとPCにつながった大画面モニターかプロジェクター1台でことが済むんじゃないかな〜。


もし、文部科学省が電子教科書を作るとしたら、毎年の改訂が間に合わず、内容が古くなり結局、お蔵入りになってしまうような気がします。やはり仕分け対象にするのは、正しい選択です。


ですから、その時々で必要な正しい内容のサイトの情報を先生がしっかり事前に確認して、授業で利用することが、安上がりでタイムリーな授業展開につながるのではないかと思います。

今日は、夕方から函館で仕事です。珍しく余裕を持って早めの飛行機を選んだら、呆気なく乗り遅れました。(笑)

次の便まで、新千歳空港でゆっくりすることにしました。2時間半も。

今日も嵐ファンで、空港は賑わっています。今喫茶店で珈琲を飲んでいますが、周りの女性数組が嵐の話題で盛り上がっています。凄いな~、このエネルギー。


あまり出張とは関係ありませんが、今回ボンバルディアDHC8-Q400のプロペラをiPhoneを撮影してみました。これが面白いんです。何現象って言うんでしょうね。


今回の出張は、羽田→船橋→宇都宮(一泊)→錦糸町(一泊)→二子玉川。
ここまでは予定通り。しかし、宇都宮でトラブル発生。

二子玉川→再宇都宮→仙台(一泊)→札幌。

なんか行ったり来たりのメチャクチャな行程。非常に疲れました。

前回書いたとおり、往きに雨に当たりました。しかし、その後は一切雨は降りませんでした。宇都宮でトラブル処理をしたあと、羽田に戻るか仙台に行くか悩みました。なんかまた東京に戻るのが嫌だったので、仙台を選びました。ホテルも安いし。

一泊後、のんびりホテルで過ごし、帰りの飛行機を予約しようと思ったら、朝から夜まで全部満席。JALもANAも両方共。電話してみましたが、やはり満席とのこと。この時期にこんなに混むことは考えられないと航空会社のスタッフも言っていました。

たまたま土曜日に妹夫婦が来る予定だったのですが、土日の札幌市内のホテルは完全満室。この日以外はガラガラと聞いていました。

以前にもこのようなことがあったので、もしやと思ってネットで調べてみたら・・・

やっぱり!

が来てました!

僕が呼んだわけじゃないけど(笑)、土日の二日間、嵐のコンサートが札幌ドームであるらしい。一回の収容人数は5万3千人。二日間で10万人以上。全国各地から、嵐ファンの大移動があるらしい。これだけの人が集まれば、市内のホテルも満室になるわな〜。

以前は、仙台に出張へ行ったとき、スマップのコンサートがあったのです。市内のホテルは、完全に満室。電車で30分以上離れた隣町のホテルに宿泊したことがあります。そういえば、青年の家みたいなところに泊まったこともあるな〜、共同トイレ、共同洗面所、テレビなし。

これだけの人々を動かせるなんて、力あるな〜。
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages

アーカイブ